NRC自然療法研究所

 
line decor
  蘇生 共生 育生 NRC自然療法研究所
line decor

 


 
 
 
 

□■【拡散希望】《21時 祈りの和》

 被災地の皆様、関係者様に対して心よりお見舞い申し上げます。

 実は他の地域でも、地震を懸念する声があがっています。
 地震に限らず、地鎮と平安の祈りで、和らげたいと思います。
 祈りのチカラは心を合わせることで、強まります。

【毎日21時】に平安の祈りをします。

 皆様と心合わせます。
 どうぞよろしくお願いいたします。


【お月さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】

 今年もやってきました「お月見」の季節! 稔りの秋にはお月さまに感謝する「お月見」が2回あります。  旧暦8月15日の月をめでるのは「中秋の名月」。  ちょうどサトイモなどが収穫されるので「芋名月」とも呼ばれます。  今年平成28年は9月15日(木)にあたります。

 「月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月 (詠み人知らず)」

 この歌には「月」の文字が8回登場するので、「中秋の名月(旧暦8月)」を詠んだ歌とされていますが、日本でどれだけ「お月さま」を大切にしてきたかが伝わってきます。

 当日は各地で観月祭が催されますし、ご自宅や会社、地域、仲間でお月見をするのもいいですね。

 もう一方、旧暦9月13日の月をめでる「十三夜の月」は、「中秋の名月」のあとなので「後の月」とも呼ばれます。  この時季には栗や豆が旬を迎えるので、「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれます。  今年は10月13日(木)にあたります。  「十三夜の月」は満月に近付こうとする、まだ余裕のある月をめでます。  日本には両方のお月さまを愛でる習わしがあります。  ぜひ今年も2回のお月見をしてみてはいかがでしょうか。

 ということで、【お月さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】発足です!

 日頃お月さまに関心のある方も、それほどでもない方も、この秋には改めてお月さまに心を向けてみませんか?  古来、お月さまは稔りや豊かさをもたらしてくれるものとして、大切におまつりされてきました。  お月さまは守り、癒し、蘇り、母なる海と大地のチカラを司るとされています。

 ご自宅などで「お月見」をするときには、次のようにされるとよいでしょう。

  1)お月さまをお迎えるように、ススキや萩などの季節の植物を柱のように立てます。

  2)お月さまからの稔りを感謝するために、季節の農作物や月見団子を供えます。

  3)酒や水に月をうつして、2)でお供えした稔りのものとともに頂戴します。

 大切なことは、いつもお世話になっている地域、お月さまを迎える土地に感謝し、「地域を代表する」イメージをもつことです。

 たとえ当日にお月さまが拝めなくても、昔は「無月(雲でお月さまが隠れる)」や「雨月(雨が降る)」として、それも尊びました。  美しいお月さまが見えればありがたく、見えなくても、心の中で想うことはできます。  お月さまに「日頃の感謝=いつもありがとうございます」と「平安の祈り=つつがなくどうぞよろしくお願いします」の気持ちを込めて、お月見を楽しみましょう♪

【耳より情報】
 大阪天満宮では9月15日(木)18時より「秋思祭」が斎行されます。
 18時半から拝服席として、月見団子と抹茶の席もございます。
 呈茶券は18時頃より境内の梅香学院前で配られます。
 皆さまの地元でも、「お月さまのお祭り」が執り行われるかと思います。
 是非、チェックしてみてください♪


【秋分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】

 9月22日(祝)は「秋分の日」です。
 「秋分の日」には昼と夜の長さが等しくなり、この日を中心に前後7日間が「お彼岸」です。
 昼と夜の長さが等しくなることで、陰陽、天地、過去と未来、先祖と子孫など、「対となるもの」のバランスがはかられます。
 「春分」にも昼夜の長さが等しくなりますが、特に「秋分の日」は一年の折り返しにあたるため、一層「バランス・調和」の大切さを感じます。

 世界各国の聖地では、「お日さま」のお祭りが執り行われてきました。
 日本では古くから、秋分の日とその前後に、東から昇る「朝日」と西に沈む「夕日」を拝み、いのちの連鎖に感謝しました。
 そして、日々の営みが永遠に続くように、祈りをささげました。

 その心を後世に伝えるためにも【秋分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】発足!

 プロジェクトといっても、とても簡単です。
 秋分の日に、皆さまと心あわせて、「お日さま」に感謝の心をおくります。

 重要なことを一つ。
 お日さまに感謝するとき、日頃お世話になっている地域・土地にも感謝し、「地域を代表する」というイメージをもちましょう。

 朝日と夕日を眺めることはできますが、日中のお日さまは強すぎて、直接観ないようにしましょう。
  たとえ、秋分の日に曇天や雨天でもお日さまの光を感じることはできます。

 以上、シンプルなことですが、ずっと受け継がれてきた「お日さま」のお祭りを続けていきましょう♪

【耳より情報】
 京都・今熊野神社では、秋分の日16時より大樟祭が催行されます。
 今熊野子供田楽、翁、白髭など今熊野申楽が奉納されます。

 他にも各地の聖地では、秋分のお日さまを拝む習わしが続いています。
 皆さまの地元でも、「お日さまのお祭り」が執り行われているかと思います。
 是非、チェックしてみてください♪


 

2016年の指針 

 2016年のひとこと指針は「つなぐ」です。
 人と人、人とモノ、土地と土地、時代と時代のつなぎとして、一年を丁寧に過ごしましょう。
 「つなぐ」を心すると、さきわい、にぎわう年となります。
 例えば、一つひとつの細胞も、まとまった大きな組織の中で、生きています。
 器官・組織同士がつながりあうことで、からだ全体が支えられています。
 人も個人の個性を活かしながら、家族や仲間、役割、地域、時代の中で生きています。
 特定の時間・空間という限られた「場」だからこそ、つながるものがあります。
 リアルなつながりの中で、自分も相手も活かし、お互いを輝かせることができます。
 ともに手を取り合って、輝く2016年にしましょう。



【磐座に感謝しよう♪キャンペーン】
 古代から連綿と受け継がれてきた磐座。 磐座は祈りを届ける大切な聖所です。
 水や大地のエネルギーの流れはもちろん、太陽運行などともつながるように配置されています。
 また、その土地を長らく護っているだけではなく、他の地域の磐座や聖地とネットワークが組まれて、より大きく私たちを守護してくれています。 そのチカラは各地の神話や民話という形で伝承されています。
 お世話になっている土地を守ってくれている磐座や巨木に感謝しましょう♪ 護るものは守られます。

□■心からお願いします「磐座粉砕の阻止」!  NRC自然療法研究所 所長 山根康児

 兵庫県西宮の越木岩神社・鎮守の森に隣接した宮山には、美しく大きな磐座(いわくら)があります。
この大切な磐座が大規模マンション及び道路開発で、爆破粉砕されようとしています。

 世の中には守らなければならない、大切なものがあります。 一度失われると、取り戻せないものがあります。 いのちは大切です。 それと同じくらいに大切なものがあります。それは「磐座(いわくら)」です。 磐座は大地のいのちです。

 磐座は、古代から信仰の対象として守られてきました。 磐座のまわりでは、祈りが捧げられてきました。 磐座には永遠の平和の祈りが込められています。 ただの大きな岩ではありません。

 磐座について若干お話します。 磐座には伝説や伝承が伴うものがあります。 例えば、鹿島神宮の要石(かなめいし)のように地鎮をしているというもの。 その岩を動かすと、地震などが起こるので、昔から誰も石を動かしません。 もしも、道路を作るとしても、その岩は避けて道をつけたりします。
別の伝承では、磐座は封印のために置かれているというものです。 不都合なものを閉じ込めているので、封印を解いてはなりません。 古代の人々が伝えてきた教訓も、信仰心がなくなると、ただのおとぎ話です。 これらの話を無視して工事にかかり、事故が相次ぐということを耳にします。

 そして、もう1つ。 磐座は単独ではなく、周辺に複数存在し、ネットワークと作っています。 この事実は、縄文遺跡の発掘調査などからも明らかなことです。 古代の人々は、磐座どうしがつながっているという感覚を持っていました。 これは非常に繊細な感覚で、もはや私たちは退化してしまったものです。 退化したので気づきませんが、幸いに神社などが建てられ、地図で確認するので、気づくことがあります。
これらの磐座が古代から大切に祀り続けてこられたおかげで、今の日本が無事でいられたりします。 年々、磐座が勝手に動かされたり破壊されたりして、本来の力を発揮しなくなりました。 古代から込められてきた多くの人々の祈りの力が無駄になろうとしています。 これは、その土地からの守護が断たれることを意味します。 そして、いろいろな自然災害が頻発するようになります。 古代の人々は、自然に守ってもらえるように真摯に祈りました。 現代の私たちは、古代の人々よりも自然を自在に扱えると思っています。 しかし、それは現代人の思い上がりです。 自然と共存するこころを忘れてはならないと思います。 このこころが日本のこころで、日本の文化の根底に流れています。

 弊所がある西宮には多くの磐座があります。
その1つ、越木岩神社の境内地にはご神体をはじめとする立派な磐座があります。 しかし、それらの磐座のいくつかが、今まさにマンション建設によって粉砕されようとしています! 粉砕の対象となる磐座は3つも!! その3つは旧越木岩神社の境内地に、南北一直線に鎮座しています。
ネットワークを形成しているのは明らかです! さらにその確証があります!
磐座3つの延長線上の北側には、西宮市北山公園があります。 公園中にもいくつか磐座がありますが、なんと3つの磐座の延長線上北側に、新たに3つの磐座が鎮座しています。 つまり、6つの磐座が南北に直列していますので、明らかに連動したものだとわかります。 もともとは1つの大きなネットワークを形成して、西宮を守っていました。 しかし現在は、兵庫県道82号大沢西宮線が2つを分断しています。 県道の北側は北山公園に指定され保護を受け、南側は越木岩神社の境内地です。 北山公園は公的な土地で誰も手を付けることはありません。 しかし、越木岩神社は宗教法人のものなので、土地は好きなようにできます。
ここが大問題なのです! 磐座という祭祀場があっての聖地であり、神社です。 もしも北山公園の磐座で祭祀が行われるならば、越木岩神社の管轄になるでしょう。

 ここまでお話しましたので、付け加えます。 西宮には甲山(かぶとやま)という美しい山があります。 神功皇后や弘法大師空海の伝承などがあります。 この周辺にも明らかに磐座が点在しています。 そして、西側には芦屋市があります。 芦屋市は南北に長い市ですが、山手にはたくさんの磐座があります。 岩園町などの町名にも名残を留めています。 現在では行政区で分断されていますが、古代では1つのまとまりを作っていたようです。 多くの祈りが捧げられた聖地は、いろいろな意味で守られます。 西宮市は全国一社長さんが多いといいます。 そして、芦屋市は言わずと知れた高級住宅街ですね。 この繁栄と豊かさが古代の人々の祈りの上にあるものなら、私たちも引き継ぐべきです。

 これらの問題は西宮や芦屋に限定されることではありません。 日本列島には無数の磐座が存在しています。 それらはお互いに連携しています。 イメージで言えば、神経系のようなものです。 磐座の崩壊は「神経の分断」へと繋がります。 地域という部分にトラブルが起こるだけではありません。 本当に動かしてはならない磐座を冒すと、その影響は甚大です!

 全国的に名前は知られていない小さな神社が、実は重要な拠点であったりします。 それらの神社は、地域の方々の理解と努力によって守られてきました。 私たちにはこれらを守り続ける義務があります。 今まで守ってきていただいたことに対する感謝の行動です。 そして、これから未来に生きる人々への贈り物です。

 ひとりでも多くの方々の賛同を得たいと思い、長い文章を書きました。
 ご精読ありがとうございました。
 どうぞ、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 祈りの力を届けてください!!。

 署名運動は越木岩神社にて引き続き継続しています。 ご賛同、よろしくお願い申し上げます。



□なぜ「自然療法研修所」を立ち上げたのか?

  弊所所長 山根康児のインタビュー記事をご覧ください!

 所長 山根康児の生き方や夢を語る「NRCドリーム」と、
 所長の根っこを探る「やまねのねどこ」がございます。

 ぜひご覧ください。

 【NRCドリーム・インタビュー】
 ◆
第7回 「日本人と心の緑化 その3 ほんとうのセラピー」 
(平成24年12月27日掲載)
 ◆
第6回 「日本人と心の緑化 その2 モノと心」 (平成24年12月27日掲載)
 ◆
第5回 「日本人と心の緑化 その1 歴史の中のモノがたり」 (平成24年12月27日掲載)
 第4回 「わたしの心の緑化 エジプトは人生のターニングポイント」 
 ◆第3回 「タロットと心の緑化」

 ◆第2回 「自分探しと心の緑化 ―はじまりは四天王寺計画―」
 ◆第1回 「砂漠緑化と心の緑化」

 【やまねのねどこ】 
 ◆第9回 「山根康児のあの音(ね)の根(ね) その2 音の根発掘 (平成25年1月1日掲載)

 ◆第8回 「山根康児のあの音(ね)の根(ね) その1 音の値 (平成25年1月1日掲載)
 ◆第7回 「山根康児の千一夜物語 その3 ナイル入水事件 
 ◆第6回 「山根康児の千一夜物語 その2 お肌のターニングポイント
 ◆第5回 「山根康児の千一夜物語 その1 親子の絆は傷をも癒す 太陽崇拝流血事件」 
 ◆
第4回 「山根康児の名前は本名?」
 ◆
第3回 「根は口(くち)。山根康児の舌ごころ」後編 
 ◆第2回 「根は口(くち)。山根康児の舌ごころ」前編 
 ◆
第1回 「根には自我がなかった?」 


  セミナーやワークショップ開催情報につきましては、「セラピースクール シーズ(Seeds)」
 ご覧ください。
 ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

■3つの学びのスタイル

 スクールでは、皆さまの目的やニーズにあわせて、大きく3つの学びのスタイルをご用意しています。

 気軽に参加! お楽しみ会/ワークショップ(体験セミナー)/短期セルフケア講座
  テーマは「楽しむ 親しむ 気づく」 はじめてでも安心/入門~初級クラスです。 詳細はこちら

 セラピーを学ぶ! アドバイザー/セラピスト養成コース
  テーマは「癒す 活かす 導く」 初級~中級クラスです。 詳細はこちら

 セミナー講師になる! ティーチャー養成コース
  テーマは「教える 育む 繋ぐ」 中級~上級クラスです。 詳細はこちら

 □ 【セミナーのスケジュール】はこちら(随時更新)  
 □
単発受講(ちょこっと聴講)や再受講、出張教室についても、お気軽にお問い合わせください。
 □ 以前に、NRC自然療法研究所にて講座をご受講し、各認定資格取得をご希望される方は、ご連絡ください。


『季節のごあいさつ』 

【9月のこよみ 伝統行事 月の運行】  9月は「中秋の名月」、「秋分の日」とお祭りが目白押しです。 ※引き続き、《21時 祈りの和》を行います♪

・1日は新月を迎えます。
 旧暦8月1日のスタートです。
 乙女座(おとめ 処女宮)の新月なので、自らが役立つことを祈ります。

・7日は二十四節気で白露、「陰気やうやく重りて、露こごりて白色となれば也」として、朝夕が涼しくなります。

・9日は上弦の月を迎えます。

 同日は重陽、陽数の極「九」が重なる五節句の一つで、邪気を払い菊花に長寿を願います。
 今年の旧暦の伝統的重陽は10月9日です。

・15日は中秋の名月を迎えます。
 十五夜、旧暦8月15日でススキや団子や芋を供え、「中秋の名月」を愛でます。
 別名「芋名月」、稔りと健康を感謝します。
 大阪天満宮でも「秋思祭」が執り行われ、拝服席にて呈茶の奉仕があります。

・17日は満月を迎えます。
 天文学的には04時05分に満月を迎えますが、前夜から満月の恵みを賜れます。
 魚座(うお 双魚宮)の満月なので、大きなつながりに感謝します。

・19日は彼岸の入りです。

 同日は敬老日、社会に貢献した老人を敬愛し長寿を祝います。

・22日は二十四節気で秋分、「陰陽の中分なれば也」とあり、昼夜の長さがほぼ同じとなります。
 陰陽のバランスが等しくなるときで、あの世とこの世との間に橋がかかり、先祖が行き来すると考えました。
 いのちが永遠に循環するよう祈ります。
 京都・今熊野神社では、当日16時より大樟祭が催行されます。
 今熊野子供田楽、翁、白髭など今熊野申楽が奉納されます。

・23日は下弦の月を迎えます。

 

【9月のセミナー/ワークショップ】

 ・6日(火) 食で癒す「一汁三菜セラピスト」養成コース中級 宝塚料理教室 第9回:秋のアレンジ食
 ・6日(火) 食害と除毒の理論編・第2期「崩食の予言~食の危機に備える~」 第9回:TPPが心臓を襲う
 ・11日(日) 食で癒す【食害と除毒の理論編】西宮教室 集中講座 第3日目:有機栽培と食物アレルギー
 ・14日(水) ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 第1回:マグダラ福音書
 ・18日(日) ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 第3回:ヘルメスの使徒
 ・18日(日) 女性のためのハーブセラピー第2弾【月と共鳴する3つの女性サイクル】 第3回熟女・媼のケア
 ・20日(火) 食で癒す「一汁三菜アドバイザー」養成 初級 宝塚料理教室 第9回:野山の幸 自然の油脂
 ・20日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  転身の角度・スクエア
 ・21日(水) タロット【小アルカナ・マスターコース】平日水曜 西宮教室 第3回:数カード編2 プロセスを占う
 ・25日(日) タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室  第2回:数カード編1 数のアダムカドモン
 ・28日(水) アストロロジー中級【内と外の照応 プロジェクション・チャート】  第2回:月門を上がる手立て
 ・28日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 てんびん座:バランスの要


【新規講座・ワークショップ】

 ・9月14日(水)~ ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 平日第2水曜日
 ・9月28日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 てんびん座:バランスの要
 ・10月26日(水) 野菜のチカラを引き出す「季節の食養生」 高砂・加古川教室 ジャガイモ
 ・10月26日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 さそり座:急所の本能

 ・11月13日(日)~ 食害と除毒の理論編・第2期「崩食の予言~食の危機に備える~」西宮集中講座 全4回
 ・11月22日(火) ハーブ&やさい薬膳♪料理教室 1日体験 宝塚教室
 ・11月23日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 いて座:スタミナの向こう

 ・12月18日(日) アストロロジー特別お星さまワークショップ【2017年上半期☆星のリズムとプラネット運行】

 ・2017年1月17日(火)~ ハーブ&やさい薬膳♪料理教室 宝塚 


 ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 植物の癒しのチカラ
 ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」 食事や献立の見直し
 ・個人レッスン/準個人レッスン(2~3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
 ・個人レッスン/準個人レッスン(2~3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
 ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2~3人)も承ります。

 今月も健やかに過ごしてまいりましょう!


  セミナーやワークショップ開催情報につきましては、「セラピースクール シーズ(Seeds)」
 ご覧ください。

 

蘇生 anabiosis
共生 symbiosis
育生 nurture
蘇生 共生 育生

弊所では、以下の通り、それぞれの分野にて活動しています。

 

セラピースクール「シーズSeeds」

 各種セミナーやワークショップを開催しています。
 あなたの「ステキ」を育てましょう!
 □ 【セミナーのスケジュール】はこちら(随時更新) 

 

◆フィトセラピー「くくのち」

 食事療法やデトックス、ハーブ植物療法のセッションを承ります。
 ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」
 ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」 

 

心の錬金術「ILLUMINATRIX(イルミナトリクス)」

 カモワンタロットやアストロロジーのセラピーセッションを承ります。

セラピースクール「シーズSeeds」

 アストロロジーやソウルカードの個人レッスン(セッション)を承ります。
 ・個人レッスン/準個人レッスン(2~3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 
 ・個人レッスン/準個人レッスン(2~3人) 自分のための「気づきのソウルカード」

 

ハーブ専門店「ハルモニエ」

 インターネット専門のハーブ販売サイトです。

 

蘇生・共生・育生「NRC自然療法研究所」

 「自然と人とのよりよい関係」の研究・追究・情報発信をいたします。
 セラピースクール「シーズSeeds」、フィトセラピー「くくのち」、心の錬金術「ILLUMINATRIX」、ハーブ専門店「ハルモニエ」の4つをまとめる働きをもちます。
 食農育、鎮守の森計画など、いのちの連なりを視野に入れたプロジェクトも発信してまいります。
 当サイトでも、少しずつコンテンツを充実してまいります。

 
 
 

◆お役立ちリンク

蘇生 共生 育生【NRC自然療法研究所】   山根康児インタビュー記事/「NRCドリーム」/「やまねのねどこ」  

【セラピースクールシーズ(Seeds)】   セミナーのスケジュール   おススメセミナー   3つの学びのスタイル   スクールで学べる各分野   【お問い合わせ】 

 お楽しみ会/体験会/実践会   アドバイザー養成コース   セラピスト養成コース   プライバシーポリシー

カモワンタロットとアストロセラピー【ILLUMINATRIX】    オリジナルブレンドハーブティーのチンキ用ハーブ販売【ハーブ専門店ハルモニエ】


NRC自然療法研究所